肩関節のインナーマッスルのストレッチ③(角度を変えて伸ばす)

●肩関節のインナーマッスルのストレッチ③(角度を変えて伸ばす)

6月04日

肩関節のインナーマッスルを更に伸ばす方法を引き続きご案内、今回は角度を変えた伸ばし方。
前回のブログをご覧になられていない方はコチラもご参考下さい>>

 

①棘下筋・小円筋を伸ばす(壁を使う)
角度を変えた肩関節のストレッチ横から(棘下筋・小円筋)
・写真の様に片手(写真だと右手)の甲を腰方部に当てます。
・肘を前に突き出します(その際に反対側の手で肘を前方に引っ張る)

 

もしくは・・

角度を変えた関節ストレッチ壁を使う(棘下筋・小円筋)   角度を変えた関節ストレッチ壁を使う後ろから(棘下筋・小円筋)

●壁などを利用する(※上記写真は右側を伸ばしています。見やすいように前方と後方からと分けて撮影しました)
・肘の後ろ側を壁に引っかけるなどして肘を前側へ捻るとストレッチ感がでます。

※注意:背中が丸くならない様に背筋を伸ばす。
伸ばすターゲットの筋肉群は後ろ側なのですが中には肩の前方部に傷みが出る方もいるかもしれません。
時間をかけゆっくり伸ばしていって下さい。目安は30秒以上少しづつ可動域を広げるイメージで)

 

 

②棘下筋・小円筋を伸ばす(タオルを使用)
タオル使用棘下筋・小円筋のストレッチ
・背中側でタオルを(縦方向に)持ちます
・上側の手(写真だと左手)で、タオルを上に引っ張ります。
※注意:ここでも背中が丸くならない様に背筋を伸ばして下さい。

 

まだまだ肩周りを伸ばすメソッドは工夫次第で色々あります。
意外と皆さんもご存知のメソッドも多いはず。
その意図をわかって行うかどうかで効果は全く変わります。
次回は参考程度にストレッチだけでなく簡単な肩関節のインナーマッスルトレーニング等もご紹介してみたいと思います。

 

 

 

京王線、笹塚駅から代田橋・明大前周辺でストレッチ専門店をお探しなら
カラダの快適アドバイザー
「ストレッチベース」
代表:横山


▲ページトップ