お知らせ

お知らせ

年末年始や連休中の営業時間の変更などをお知らせします。

10月29日
●ぎっくり腰の原因

当サロンのブログを読んでいただき誠に有難うございます。

 

ストレッチベースでは「御身体を軽く快適な状態にする」「運動におけるパフォーマンスUP」更に皆様が健康で豊かな人生を送って頂く為、パーソナルストレッチを軸に筋膜リリースやその他、効果を実感して頂きやすい様々なメソッドを使い分け、コンディションを整えていくサービスをご提供させて頂いております。

 

今回も皆様にとっての御身体の快適と軽さ、健康で豊かな日常をおくる為の有益な情報、ヒントやアイデアをお届けできればと思っております。

 

さて、

 

この時期は結構多いですね。

 

季節の変わり目とか・・

 

今さらの情報で恐縮ですが。
ぎっくり腰・・

 

 

慢性の腰痛もお辛い事でしょうが、こういった急性腰痛(ぎっくり腰の正式名称)は仕事や家事、日常生活自体に大いに支障が出るから本当に困ります。

 

こういった事態になるシチュエーションとして大概思い浮かぶのは、前屈みになり、重い物を持った拍子に突然腰が痛くなり動けなくなってしまう。

こんなのが定番として思い浮かびます。

欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」なんていわれているようですが、確かにこういうニュアンスはあっているかもしれませんね。

 

しかし、なんの前触れもなく、いきなりぎっくり腰になるという事はよほどの限りは考えにくく、その原因は日常の積み重ねの中にあります。

 

重い荷物を・・という例を先ほど挙げましたが、日常生活では家事をするにもPC、スマホ、デスクワーク全般では大体が前屈みの姿勢になります。

 

それが習慣になり筋膜はその状態を記憶し、それを保とうとするのですね。

 

言い換えますと日頃からの「慢性疲労の蓄積」、「全身の筋肉の疲労の蓄積」という事につきますでしょうか。

 

全身の筋肉は以前のブログでも何度もお話していますように全身連動(繋がっている)しています。

 

実際は腰部に原因があるという事ではなく他の筋肉がこわばり筋肉の滑走性が悪くなることで、過剰に腰だけに負担がかかるといった感じでしょうか。

 

例えば、長時間のデスクワークによって肩や首等のこわばりや、他の筋肉が機能しにくい状態の時に、いつもと違う不意な動きをするとカラダの動きに帳尻を合わせようと、腰が動きすぎてしまうという感覚でしょうか。

 

背骨のアライメントの乱れ、骨盤に関しては仙腸関節など、大きな動きのない関節が動いてはいけない範囲まで動いてしまおうとします。

 

するとカラダはそれを防ごうと防御反応を起こしますが、時すでに遅し。

グキッと言ってしまうのです。

 

 

つまり筋肉の捻挫ですね。

 

 

足首をグニッと捻ってしまうのと同じような状態です。

 

こういった症状が「ぎっくり腰」と言われる状態です。

 

腰の痛みの症状ですが、その他の筋肉が原因であることが多く、どの筋肉が原因なのかも様々です。

 

 

 

★ぎっくり腰の症状で、良く見られるのは腰や背中を丸めて前屈みの状態を保たないとシンドイといった状況ですよね。

 

こういった場合は大概の専門家は腹部のあたりの筋肉を診ます。

 

一般的には腸腰筋(大腰筋)をまずは疑います。

 


大腰筋
写真:ヒューマンアトラス・アナトミー・アトラス2019より

 

 

その為、こういった場合腰部(背中側)は多少患部をさする位なら構いませんが、揉んだり押したり強いマッサージ刺激をいれてはいけません。※但し専門家が治療のため筋肉を緩める反射点や、つながりを使った治療で押圧刺激を加える事もありますので、それは例外とします。

 

 

★他にも起き上がれない、寝ていても辛い、姿勢を変えられない様な状態などの方もいらっしゃいますね。

 

これは意外にも首の影響だったりすることは多いです。

 

斜角筋・僧帽筋・胸鎖乳突筋あたりの硬結でしょうか。

 


胸鎖乳突筋・斜角筋
写真:ヒューマンアトラス・アナトミー・アトラス2019より

 

そこだけでなく肩甲骨の状態も併せて診る事となりますね。

 

このあたりの動きを改善させてあげると腰の痛みも無くなったりするケースもあります。

 

ストレス性からくる筋肉の過度な緊張などもあり、これらが全てでは有りませんが、これらがぎっくり腰の原因になる事が多いです。

 

 

ぎっくり腰になってしまったら・・

 

 

基本は無理をせずに安静にすることです。

通常は自然に緩和していきます。

1週間弱くらいというのが一般的でしょうか。

状況によって対処は違いますが、大概は横になって、膝・股関節を曲げてエビのような状態で休むのが良いでしょう。

急性期は基本、患部を冷やす事と言われています。

しかし冷やしすぎに注意してください。

炎症が強い場合は入浴も避けた方が良い場合もあります。

但し、軽い症状の場合、逆に温める事で緩和する感覚があれば、ぬるま湯での入浴は大丈夫だと思います。

そんな時に入浴する気分にもならないでしょうが・・

 

あまりにも我慢できない場合はお勧めしない先生も多くいらっしゃいますが、鎮痛剤の処方も仕方ないです。私だったらストレスでつらい時間を過ごすよりはましだと思います。

 

痛みが引いたらゆっくり適度にカラダを慣らしながら動かしましょう。

 

 

とは言え・・

現実は家事や仕事など休暇を取ってゆっくり休んでられる様な方は、ほとんどいらっしゃらないと思います。

 

信頼あるセラピストのいる治療院やトレーナーさんにお願いするのが一番ですね。

 

整形外科に関しては多分、行ってもレントゲンなどで診断し、湿布や鎮痛剤を処方され安静にすることを告げられるのが定番でしょう。

(※決して批判ではなく整形外科さんにも大事な役割はあり必要なのです)

 

 

急性期の時にストレッチはした方が良いのか?

 

ご自身で強いストレッチを行うのは基本はNGです。

多分痛くてストレッチどころではないでしょうが。

 

 

では当サロンであるストレッチベースではどうするのか?

 

機会あれば対応させて頂きます。

当然ですが、いきなりストレッチはしません。

当たり前ですが原因を見たうえで筋肉を緩め、全身の緊張をとる事を優先にします。

 

とは言えある程度、筋肉が緩和した状況で、一部の筋肉はゆっくり伸ばしたりするかもしれませんね。

場所によってはストレッチを適切に行えば有効ですから。

 

 

でもやはり急場は近所の治療院さんやセラピストに頼るのが一番ですよね。

何せ歩行すら困難なケースあるわけだし。

笹塚以外でも私の知っている限り、信頼できる診療所や先生は沢山いらっしゃいますから、お困りの際はご紹介いたしますよ。

 

 

最後までお読みいただき誠に有難うございました。

 

 

 

「この記事を書いたトレーナー紹介はこちら」

 

 

 

京王線、笹塚駅から代田橋・明大前周辺でストレッチ専門店をお探しなら
慢性肩・首こりの緩和の方にも是非!

御カラダ快適アドバイザー
「ストレッチベース」
横山

 

地図_TEL

Hotpepper予約タグ

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【過去のおススメblog】

●肝臓のストレッチ

●簡単な腰痛対策のセルフケア

●猫背にみられる、ある筋肉の症状

●自律神経を整えるストレッチ

●自律神経の乱れ

●肩関節のインナーマッスルのストレッチ

●猫背による様々な不調

●ランナー膝などにも効果のあるストレッチ

●腰痛対策のセルフストレッチ

●「肩の高さか?違う」を解決するストレッチ

●自分で出来るストレッチ「首・肩こり」

●4月20日(木)発売のTarzan(ターザン)No717

10月22日
●「身体が硬いとは」「理想の柔軟性とは」

今回は身体が柔らかくなりたいという方々に対して、私どもの様な、こういうストレッチ専門のお店を皆様がどう活用していけばよいのか?

 

何を目的に?どんな心構えで利用したらよいのか?
等について、柔軟性に対する根底の先っちょの部分を少しお話させて頂けたらと思います。

 

当サロンは名前の通りストレッチ専門店としてクライアントの方々のお身体にあった最適な圧力でストレッチや筋膜リリースをかける事ににより柔軟性を高めて頂き、血流を良くすることにより、様々な状況や理由で萎縮していた筋・筋膜の状態を緩め正常にし、時にはトレーニング要素(パーソナルトレーニング)を取り入れながらお身体のコンディションを整え快適にするという事をサービスとさせて頂いております。

 

最近は内臓や頭蓋からのアプローチで筋、筋膜は更に効率的に柔らかくなるという事もあり、そういった要素も一部の方には対応させて頂いております。

 

さて、こういったお店(サロン)にお見えになる理由として

 

「私はとにかく身体が硬いです。」

 

「身体が硬いから肩こりや腰痛になりやすく身体を柔らかくしようと思い運動や自己流でストレッチをするが中々続かないです。」

 

「昔はものすごく身体は柔らかかったのに。今はその柔らかさは見る影もありません。」

 

というお話をされ、きっかけとし、ご来店頂ける方々も多くいらっしゃいます。
お気持ちは察します。

 

 

「身体が硬い」

 

 

そもそも身体の柔らかさについては様々な表現方法や考え方がありますので未だ、色々な研究分野でも明確に示すには難しい事が多いかもしれません。

 

一般的には関節可動域の広さを柔軟性とし、それを示す言葉は「フレキシビリティ」と表現される事が多いと思います。
この定義は身体の関節の可動性により、関節運動を円滑に、かつ広範囲に動かせる事を数値上で測定する方法を基準に考えます。
関節可動域測定が一般的で、皆様も学生時代の体力測定の中にも組み込まれていて馴染みがある事かと思われます。
長座位体前屈、前屈した時の指先と床の距離、背中で手つなぎ、指先で手が組めるかなどのテストですね。

 

 

その他に、ある研究機関では筋肉を伸ばすときの伸張感や痛みの感覚を「ストレッチトレランス」という言葉で称し研究されているそうです。

 

ストレッチトレランスが低い人は私なりの解釈になりますが、ストレッチをする時に伸びる事に対する免疫がない、耐性が弱い、限界値が少ない、苦手意識みたいなものがあるという事でしょうか。
※ただ早い段階で筋肉の運動制御システムが働き「伸張反射(ストレッチ中に筋肉がプルプルなる感じ)」が起こるという事は関係あるようで柔軟性とは別の考え方ととらえた方が良いかもしれません。

 

 

今までよりも関節可動域がUPし届かなかった場所に可動距離が延びることで運動においてもパフォーマンスがあがるし良い事だ、柔らかい事が全てだと思う事は決して悪い事ではありません。

 

 

しかし、その考え方も度が過ぎると危険だったりします。
柔らかさが、関節や筋肉の緩さ(正常を下回る)を招いたりって事もありますし。

 

 

私にもセラピストやトレーナーの業界で培って得てきた情報や経験値、何万人とクライアントの方々を診てきて、それぞれの日常生活にどれくらいのお身体の柔軟性が必要なのか、という独自の考え方があります。

 

そしてクライアントの方々も様々な情報機関から得たものや、他人と比較してみた状況の中で、自分が求めている理想の柔軟性がありイメージがあります。

 

この両者(私とクライアント)のギャップがある時も稀にあるのですが、それぞれの目的やお身体の不具合に即したお話をし納得して頂けると、それからのクライアントの方の変化は個人差はあれど早くなりご本人の理想に近づきます。

 

 

大事なのはモビリティとフレキシビリティとのバランスだと思います。

 

 

モビリティとは移動性・流動性などと言われる事が一般的ですが、つまりは可動性。
フレキシビリティも以下は柔軟性と記載します。
可動性というのは「関節から、ある範囲の距離まで自分の意志でコントロールして動かせる」と認識しています。
もともと個人が持っている潜在的な最大関節可動域を自分の意識で安全に自由に動かすという事が理想です。

 

基本的には人間の筋肉や筋膜の硬さには大きな差はないのです。
頭で考えるイメージなども影響し筋肉に伝わります。
そして習慣によってそのイメージは更に具体的に変化していきます。

 

ただ単に慣れるまで筋肉をぐいぐい伸ばす、だけでなく運動や身体に必要な十分な栄養、睡眠、そしてイネイト(生命力・自然治癒力)を取り戻す事で子供の頃、若いころのエネルギッシュで快適な柔軟な身体を取り戻す事が出来るのです。

 


つまりすべてはバランスです。

 

実際に私がクライアントの方々のストレッチをさせて頂いたり筋肉、関節可動域等の状態を診させて頂くと、ご自身が「自分はかたい」と思っているほどの関節可動域制限はなく、それなりの柔軟性がある事が多いです。
シンプルですが、習慣と意識を変えバランスを整えると、感覚値ですが8割以上の方は数回の施術と運動でお身体を自身でコントロールし柔らかくなります。

 

 

なんだか筋肉のお話だけにお堅いお話になりましたね。

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

最後までお読みいただき誠に有難うございました。

 

 

 

 

「この記事を書いたトレーナー紹介はこちら」

 

 

 

京王線、笹塚駅から代田橋・明大前周辺でストレッチ専門店をお探しなら
慢性肩・首こりの緩和の方にも是非!

御カラダ快適アドバイザー
「ストレッチベース」
横山

 

地図_TEL

Hotpepper予約タグ

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【過去のおススメblog】

●肝臓のストレッチ

●簡単な腰痛対策のセルフケア

●猫背にみられる、ある筋肉の症状

●自律神経を整えるストレッチ

●自律神経の乱れ

●肩関節のインナーマッスルのストレッチ

●猫背による様々な不調

●ランナー膝などにも効果のあるストレッチ

●腰痛対策のセルフストレッチ

●「肩の高さか?違う」を解決するストレッチ

●自分で出来るストレッチ「首・肩こり」

●4月20日(木)発売のTarzan(ターザン)No717

10月06日
●硬膜のストレッチで首・頭すっきり!

当サロンのブログを読んでいただき誠に有難うございます。

 

今回も皆様にとっての御身体の快適と軽さ、健康で豊かな日常をおくる為の有益な情報、ヒントやアイデアをお届けできればと思っております。

 

今回もお久しぶりになります。

 

やっと、涼しくなって来ましたね。
この夏の猛暑を乗り切り、皆様も大変ご苦労されたかと察します。

 

さて、季節の変わり目はやはり体調を崩されたり、肩こりや腰痛を悪化される方は多いですね。

 

今回は最近、当サロン(ストレッチベース)でも筋、筋膜のストレッチ以外の施術で取り入れている頭蓋や内臓アプローチに関連することになります。

 

標記のストレッチに期待できる事。

 

首の痛み、肩こり、片頭痛持ちの方、不定愁訴(明確な原因がなく肩こり・目まい・腰痛など体の不調を発症する)ホルモンのバランスが悪い方にも。

 

 

硬膜とは脳と脊髄を覆う3層の髄膜のうち、一番外側にある膜、
頭蓋骨のすぐ内側にある膜の事。脊髄の外側まで覆っています。

頭蓋骨の中から脊柱、仙骨まで

下のイラスト、このオタマジャクシのようなイメージの硬膜は頭から下は仙骨までつながっています。

 

 

因みに頭蓋骨の内側は硬膜の下に「くも膜」そして「軟膜」と3層になっています。
名前の通りこの中で一番硬い膜になります。

 

実は頭蓋骨も呼吸の様な動きをします。

 

それを1次呼吸と言いますが、脳脊髄液の流れ、脳と脊髄を包み込んでいる硬膜が動くリズムのことを言います。
1次呼吸というのは通常、皆さんが意識される鼻や口からする肺呼吸とは違います。この呼吸は2次呼吸と言われます。

 

頭蓋骨は不随意的に動くのですが、その動き方は肺が呼吸をする様な感じで膨らんだり元に戻ったりする様な動きをします。

 

中々意識出来ないので日常生活ではよっぽど繊細な方でない限り、手で触っても感じない動きです。
私もこの閉じたり膨らんだりする感覚を掴むのにものすごく時間がかかりました。

 

この中を脳脊髄液が1次呼吸に作用され循環します。

 

脳脊髄液とは脳室,およびクモ膜下腔を満たす無色透明の液。
頭蓋腔内圧を調節したり、中枢神経の分解不用物質を除去したり。

 

ざっくりですが脳を保護する液体。

 

詳細はまだまだ分からないことも多いそうです。

 

通常は1分間に6回~10回くらい。ゆっくりと閉じたり開いたします。

 

ストレスの多い方、体調の悪い方はそれが早くなったり(10~15回くらいかな)、閉じたり開いたりする間合いに左右差がある等、少し不規則な動きをしている事が多いです。

 

肺の呼吸は出産後から行われますが、この頭蓋骨の呼吸のような動きは赤ちゃんがお腹の中の時から行われています。
肺で呼吸するのは出産後です。

 

本題からそれてしまうのでこういった詳細は又どこかで。

 

この硬膜の硬さや動きの悪さで、初頭で申し上げたような症状、特に首の違和感や痛み、頭痛などの場合が多いですね。

 

私は施術する場合では、およその筋・筋膜を良い状態にしてもどうしても取りきれない違和感や反応が無い場合に触診したりします。
※実際は姿勢も見るので最終的にはその方の既往歴や今までの生活習慣や体調諸々で硬膜や内臓、頭蓋という感じで診ていきます。

 

当サロン(ストレッチベース)のお客様の中には、お仕事で事務系の女性の方も多いのですが、環境は違えど長時間のデスクワーク、少しタイトな首周りの制服やストレス等から後頭下筋から頸筋の違和感や変頭痛でお悩みの方は多いです。

 

ストレッチの施術前にこの硬膜のストレッチをするだけでもかなり症状は軽くなる事もあります。

 

さて頭蓋骨の中にある、この硬膜のストレッチはどうやって行うのか?

 

 

遠回りし小難しい話をしましたが、実際は簡単です

 

 

両耳を左右に引っ張ります。

耳ともつながっているんですね。

 

そして可能なら更に後ろにも同時に引っ張ります。

 

少し痛いくらいの強さが理想ですが、ご自身で調整し、ほどほどの感じで

 

 

深く深呼吸しながら頭の中心部(目と目の中心辺り)から左右に引っ張る様なイメージをしてください。(頭の中心部から引っ張りあうイメージ)

 

 

大体20~30秒くらいですかね。

 

 

私の所感ですが、カラダが緊張で硬い状態の方はかなり痛いと思います。

 

 

ご無理のないように行ってください。

 

 

※補足

耳を左右にひっぱった際に口を四角く開けて上下のあごを動かして頂くとより効果は高まります。
口を閉じずに「あうあう・・」って感じで。

 

人目のないところで行ってください・・

 

 

疲れている時は目、頭がすっきりした感じになります。
気軽にデスクワークの合間などに行ってみてください。

 

 

ただ硬膜が原因でない場合もありますので、それも踏まえて行ってください。
硬膜が原因かどうかを調べるには、耳を引っ張った状態で違和感が緩和するかどうかで確認できます。

 

例えば、首の動きの中で違和感があれば、耳たぶを引っ張った状態で違和感の出る首の動きをしてみてください。

 

その際に少しでも緩和している、違和感がなくなるという事であれば、硬膜も原因の一つとして上記のストレッチを行ってみてください。

 

 

最後までお読み頂き誠に有難うございました。

 

 

 

「この記事を書いたトレーナー紹介はこちら」

 

 

 

京王線、笹塚駅から代田橋・明大前周辺でストレッチ専門店をお探しなら
慢性肩・首こりの緩和の方にも是非!

御カラダ快適アドバイザー
「ストレッチベース」
横山

 

地図_TEL

Hotpepper予約タグ

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【過去のおススメblog】

●肝臓のストレッチ

●簡単な腰痛対策のセルフケア

●猫背にみられる、ある筋肉の症状

●自律神経を整えるストレッチ

●自律神経の乱れ

●肩関節のインナーマッスルのストレッチ

●猫背による様々な不調

●ランナー膝などにも効果のあるストレッチ

●腰痛対策のセルフストレッチ

●「肩の高さか?違う」を解決するストレッチ

●自分で出来るストレッチ「首・肩こり」

●4月20日(木)発売のTarzan(ターザン)No717

9月18日
●一部ホームページの不具合についてのお詫び

ストレッチベースのホームページを御覧頂きまして誠にありがとうございます。

 

標記の件

 

現在、PC上で当サロンのホームページのトップページ画面標記に不具合が生じております。

以下の場合は問題なく閲覧頂けます。

※スマホなどから閲覧頂く分には問題ございません。

※ブログやトップページ(home)以外は正常に標記されます。

 

この原因はGoogle Chromeで今年7月よりWebサイト全体を http:// ではなく https:// にする常時SSL化が求められている事もあり、
当サロンのサイトもその設定をしていく中での調整不具合です。

 

現在、担当の方に早急に修正頂いております。

ご迷惑おかけしてしまい大変申し訳ございません。
今しばらくお待ち頂けたら幸いです。

 

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

「この記事を書いたトレーナー紹介はこちら」

 

 

 

 

京王線、笹塚駅から代田橋・明大前周辺でストレッチ専門店をお探しなら
慢性的な首・肩こりの方もぜひお試しください!
御カラダ快適アドバイザー

「ストレッチベース」
横山

 

地図_TEL

Hotpepper予約タグ

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【過去のおススメblog】

●簡単な腰痛対策のセルフケア

●猫背にみられる、ある筋肉の症状

●自律神経を整えるストレッチ

●自律神経の乱れ

●肩関節のインナーマッスルのストレッチ

●猫背による様々な不調

●ランナー膝などにも効果のあるストレッチ

●腰痛対策のセルフストレッチ

●「肩の高さか?違う」を解決するストレッチ

●自分で出来るストレッチ「首・肩こり」

●4月20日(木)発売のTarzan(ターザン)No717

8月16日
●骨盤矯正したら私の腰痛は治りますか?

当サロンのブログを読んでいただき誠に有難うございます。

 

今回も皆様にとっての御身体の快適と軽さ、健康で豊かな日常をおくる為の有益な情報、ヒントやアイデアをお届けできればと思います。

 

しかし、7月から8月頭にかけての連日の猛暑は酷かったですね。

 

皆様もさぞかしお疲れになったことでしょう。

 

お盆を過ぎて、その頃よりはかなりましになりました。
蒸し暑いけど風があれば比較的過ごしやすい朝夕になりましたね。
もうすぐ涼しくなってくるのでしょうか・・
実は、涼しくなる秋ごろにかけて腰痛を発症される方が多くなるのでどうぞお気を付けください。

 

この件に関しては又改めて・・

 

 

さて、標記について・・

 

今回は骨盤の歪みやずれを調整するための方法や、その要因についてお話する機会ではないことをご理解ください。

 

骨盤のゆがみを矯正すれば腰痛など緩和し、すべてが丸く収まるのか?
腰が痛い、首・肩こりがつらい・違和感がある。こういった症状を訴える方は骨盤の状態が正しい状態でない事が確かに多いかもしれません。

 

そういうケースも多くあります。

 

骨盤からのアライメントがしっかりしていれば上肢も整いやすくメリットは多いです。
骨盤を調整し課題が解決すれば、それはそれで骨盤の歪みやずれによる事が要因だったわけで、めでたい話です。

 

しかし腰痛の感覚や症状にもいろいろ幅広くあります。

 

骨盤の状態が多少悪くても、痛みなどもなく快適に過ごされる方もいらっしゃるわけです。
柔軟性があれば多少の歪みは自分で調整できますし。

 

 

そして・・

 

 

骨盤を調整しても痛みや違和感があるというケースもたくさんあります。

 

それが何なのかを見極めることで痛みの要因が初めて究明できるのではと思います。
何よりも痛みの原因はやはり筋肉の硬結や癒着であることが大体なので、骨ではないからです。
その筋肉群を緩めて緊張をとる事で解決できる事は多いです。

 

 

●骨盤周辺の筋肉

 

骨盤前面

前面では
腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)・大腿筋膜張筋・大腿直筋・恥骨筋・内転筋群・縫工筋

骨盤の写真後面

後面からは
大殿筋・中殿筋・小殿筋・回旋筋群など

 

 

骨盤の周りには様々な形で筋肉が付着しそれを安定させます。
大まかに見てもたくさんの筋肉で支えられています。

 

大概はお尻の筋肉や腸腰筋、その周辺筋肉の硬結、硬さが原因の場合が多いですが

 

それ以外にも上記の筋肉群とのつながりも考えます。

 

 

以前もこのブログでもご案内したことが在りますが筋肉は全身、様々なパターンでつながっています。

緩和した肩こりや腰痛の症状の戻りをなくす方法1>>

 


ハムストリングスや足首の筋肉、場合によっては上肢の肩甲骨や首からの関連が要因で腰痛になるケースだって否定できません。

 

極端な話ですが、私が施術させて頂いた方の腰痛の要因は手のひら、母指球だったりしたケースもあります。
その方は音楽を趣味にされている方でしたが、若いころからピアノや弦楽器等とたしなまれている方でした。

 

他にも足首の可動域を改善し腰痛が緩和したケースは結構多いですね。

 

他には、筋骨格だけでなく、内臓の下垂や疲労なども腰痛の要因だったりします。
大体は肝臓や腸腰筋と隣接する腎臓なども影響することもあります。
(肝臓などは腰痛よりも右肩の可動域に影響出ることの方が多いかもしれません。)

 

 

ストレッチや筋膜リリース等、筋・筋膜へのアプローチで暫くは調子よくなるものの、また同じような状態に戻るという場合は内臓系の要因も考えられます。

 

そうなると内臓への負担を減らすために食生活やストレスなどがたまらない様な生活習慣から見直す必要が出てきます。
現代は生活習慣は簡単で手軽で便利になったけど、それが様々なリスクにも繋がってしまう世の中なのですね。

 

 

そういった意味でも、あなたの腰痛の原因は何なのか?
骨盤だけでなく、ご自身の生活習慣や、歩き方、姿勢、様々な観点から見直してみましょう。

 

そして・・

大抵の腰や肩・首の違和感は押圧しながら動きを確認することで何が原因かは目安はつけられます。

 

最後までお読みいただき誠に有難うございました。

 

 

 

 

「この記事を書いたトレーナー紹介はこちら」

 

 

 

京王線、笹塚駅から代田橋・明大前周辺でストレッチ専門店をお探しなら
慢性肩・首こりの緩和の方にも是非!

御カラダ快適アドバイザー
「ストレッチベース」
横山

 

地図_TEL

Hotpepper予約タグ

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【過去のおススメblog】

●簡単な腰痛対策のセルフケア

●猫背にみられる、ある筋肉の症状

●自律神経を整えるストレッチ

●自律神経の乱れ

●肩関節のインナーマッスルのストレッチ

●猫背による様々な不調

●ランナー膝などにも効果のあるストレッチ

●腰痛対策のセルフストレッチ

●「肩の高さか?違う」を解決するストレッチ

●自分で出来るストレッチ「首・肩こり」

●4月20日(木)発売のTarzan(ターザン)No717

▲ページトップ