●肩関節のインナーマッスルのストレッチ②(更に伸ばす)

5月28日

前回でもご案内した肩関節のインナーマッスルを更に伸ばす方法をご案内致します。
前回のブログをご覧になられていない方はコチラもご参考下さい>>

 

①棘下筋・小円筋を伸ばす(椅子を使う)
後ろに椅子を置き棘下筋・小円筋のストレッチ

・腕を背中側に肘を90度に曲げ、背中側にある椅子やテーブルなどの上に腕をのせます。手の甲は椅子の面に付く様に。
・肩・腕はその位置を保つイメージでゆっくりカラダだけを下におろしていきます。
・座ってもテーブルの高さに合わせ立った状態でも大丈夫です。

 

②肩甲下筋・大円筋を伸ばす(棒を利用。傘・ゴルフクラブ・木刀等代用可)
棒を使い肩甲下筋・大円筋を伸ばす
・写真の様に棒をもちます。
・一旦、両方の腕で棒を天井方向に持ち上げる。
・腕は上げたまま、肘を曲げ(写真だと右腕側)棒を下げ肘の後ろ側に引っかけます。
・反対の手(写真だと左手側)で棒を掴み下側から上に持ち上げます。
※注意:写真の上下矢印のほうに均等に力をかけるのは理想ですが、姿勢が崩れるとターゲットとなる筋肉が十分に伸びません。
そこでどちらか先に、ある一定のポイント(矢印の方向で)まで伸ばしたら、そこで固定させ姿勢が崩れない様に意識し反対側だけを(矢印の方向で)動かして伸ばすという感覚の方が行いやすいかもしれません。(個人差があります)

次回は同じ筋肉群でも角度を変えた肩関節のストレッチをご案内致します。

 

 

 

「この記事を書いたトレーナー紹介はこちら」

 

 

 

京王線、笹塚駅から代田橋・明大前周辺でストレッチ専門店をお探しなら
慢性肩・首こりの緩和の方にも是非!

御カラダ快適アドバイザー
「ストレッチベース」
横山

 

地図_TEL

Hotpepper予約タグ

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【過去のおススメblog】

●簡単な腰痛対策のセルフケア

●猫背にみられる、ある筋肉の症状

●自律神経を整えるストレッチ

●自律神経の乱れ

●肩関節のインナーマッスルのストレッチ

●猫背による様々な不調

●ランナー膝などにも効果のあるストレッチ

●腰痛対策のセルフストレッチ

●「肩の高さか?違う」を解決するストレッチ

●自分で出来るストレッチ「首・肩こり」

●4月20日(木)発売のTarzan(ターザン)No717

 


▲ページトップ